スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SELinux の本 捨てていいよね・・・

昔、Fedora Core 4(ぐらいだったかな?)が出たぐらいの頃、Linux系の仕事をやっていたので VMware で環境を作ってみました。
なんか Apache がうまく動かなかった。特にCGIが全然ダメだった・・・

調べてみたら、SELinux というものがあるらしい。
なるほど、セキュリティを強化か。
ちょうどセキュリティに関することが叫ばれている時期だったので、これは身につけないといけないなと思い、本を買いました。

SELINUX システム管理 ~セキュアOSの基礎と運用~
オライリー・ジャパン




時は流れ2010年。その本が出てきました。
真ん中ぐらいに しおり がはさまっていました。

あれから Linux のサーバ構築の仕事とかいくつかありました。去年もやったな。
でも、SELinux は使いませんでした。
じゃあ、あの本は役に立たなかったのかというと、そうでもない。
なにかあったら
『あ、SELinux 無効にしなきゃ』
といった感じでスムーズに作業をこなせています。

今はセキュリティよりも仮想化の方が流行っています(あ、でももう落ち目かな?)。
ユーザひとりひとり、プログラムひとつひとつに強いセキュリティを施すよりも、
ユーザひとりひとり、プログラムひとつひとつに仮想マシンをあげちゃう感じです。
一人のユーザしか使わないマシンにそんな強いセキュリティはいらない。
デメリットの方が強すぎる。

  • 設定が超面倒。誰もメンテナンスできないよ
  • リソースの無駄。(本によるとCPUリソースの約7%を消費とある)


もう、この本捨てちゃっていいよね。
たぶん、SELinux を無効にする方法だけ知っていればいいと思うので、メモ。

  1. /etc/sysconfig/selinux を開く
  2. SELINUX=disabled にする
  3. 再起動

以上。

でも、この本に書いてあるように軍事レベルでは使われているのかな?
軍事レベルのしごととかやることあるかなぁ?
そういえば、昔、MI6でスパイ募集とかちょっと話題になった時に、入りたいとか思ったな。
そこではこの技術必要かな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

マミ

Author:マミ
寝たきり、車いすの入院を経験し、ユーザビリティ/アクセシビリティへの意識が変わったと豪語するコンピュータプログラマ。

現在、腰椎分離症と不眠症に悩まさせれながら仕事復帰に向けてリハビリ中

マイアプリ

色色色色 〜色の辞典〜
バージョン:1.0
価格:¥170
iTunesで開く サポートページ
色々な方法で色を探します。
500を超える色すべてに、その色にまつわる豆知識も記載してあります。
資料として、暇つぶしにも良いアプリです。



本気出す 本気出すマニュアル
バージョン:1.10
価格:無料
iTunesで開く サポートページ
怠けてばかりの自分を自分で弁護していませんか?そろそろ本気出しましょう。

そろばん時計そろばん時計
バージョン:1.0
価格:無料
iTunesで開く サポートページ
この時計読めますか?
そろばんで時刻を表してみました。

Twitter
 
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。