スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミ・デマルコ 天秤

同じ重さの金貨8枚の中に一枚だけ違う重さのニセモノが一枚混ざっています。最低何回の測定でニセモノを見つけることができるか?


結構有名な問題です。
この問題を見て、天秤を使おうとしたあなたはアウト!
実はこの問題、出題者の記述漏れで「天秤」が抜けているんです・・・
それなのに、どうして天秤を使うのでしょうか?
天秤なんて普段使わないのにね・・・

ではこれはどうでしょう?

同じ重さの金貨8枚の中に一枚だけ違う重さのニセモノが一枚混ざっています。天秤を使って、最低何回の測定でニセモノを見つけることができるか?


普段使いもしない天秤を使って一生懸命解こうとするでしょう。
皿が2枚の天秤を使って。

もし、皿が8枚の天秤があったらどうでしょう?
1回の測定でニセモノを見つけることができるのではないでしょうか?

プログラムでいうところの関数です。
8個金貨をパラメータとして受け取り、ニセモノの金貨を返す。
(必要ならば、ニセモノが本物より重いか軽いかも返す)
そんな関数があれば、その関数を1回呼び出せばいいんです。

有名な言葉にこんな(感じ)のがあります。

金槌しか持たないものは、すべての問題を釘と思ってしまう。



天秤しか道具を持っていない人は、最初の問題で天秤を使い始めてしまう。

新しい道具を作ろう。

それぐらいの気構えは大事だ。
え?皿が8枚の天秤じゃあ 金貨が9枚になったら使えないじゃないかって?
別に天秤でなくてもかまわない。箱の中に金貨を入れたら、ニセモノだけが飛び出してくる
そんな箱でいい。

そういえば、最近の学校の授業では天秤を使うのかね??
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

マミ

Author:マミ
寝たきり、車いすの入院を経験し、ユーザビリティ/アクセシビリティへの意識が変わったと豪語するコンピュータプログラマ。

現在、腰椎分離症と不眠症に悩まさせれながら仕事復帰に向けてリハビリ中

マイアプリ

色色色色 〜色の辞典〜
バージョン:1.0
価格:¥170
iTunesで開く サポートページ
色々な方法で色を探します。
500を超える色すべてに、その色にまつわる豆知識も記載してあります。
資料として、暇つぶしにも良いアプリです。



本気出す 本気出すマニュアル
バージョン:1.10
価格:無料
iTunesで開く サポートページ
怠けてばかりの自分を自分で弁護していませんか?そろそろ本気出しましょう。

そろばん時計そろばん時計
バージョン:1.0
価格:無料
iTunesで開く サポートページ
この時計読めますか?
そろばんで時刻を表してみました。

Twitter
 
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。